汎用性製品でコスト削減

インク

不具合対応の確認を

OA機器でレーザープリンターを使用している場合、カートリッジの中には液体インクではなくトナーといった粉末の粒子が入っています。東芝のレーザープリンターを使用している場合は、初め純正のトナーカートリッジが付属されています。この中の粉末が空になると印刷ができなくなるため、交換が必要になります。通常は同じ純正トナーを使用するのですが、東芝純正品は割高でコストが高くなります。そこでリサイクルトナーが広く利用されているのです。リサイクルトナーとは、空になった東芝純正トナーカートリッジを回収して、リサイクル施設にて分解・洗浄・修理等を行い、再び同量のトナーを充填して再利用する物のことです。中に入れられるトナーは、特許権の問題などから全く同じものではありません。若干色の再現性が低くなることが多いですが、通常の使用では問題なく使うことが出来ます。コストも半分ほど抑えることが出来、最近では広く使われるようになってきました。こうした汎用性のあるリサイクル製品は、あまり価格にとらわれ過ぎると、品質が良くない場合もあります。東芝を初めとしたOA機器メーカーは、こうしたリサイクルトナーの利用をおすすめしてはいません。万が一の機器本体の故障の場合、保証がメーカーから受けられない場合もあります。そのためにも、リサイクルトナーを購入する場合は、信頼のできる業者で、保証制度や不具合の対応のよいところを選ぶようにしましょう。